アメリカチームが勝って勉強しなければならない达斯汀レーダー杯の健忘症-beself

By admin. Filed in Home Products & Services  |  
TOP del.icio.us digg

アメリカチームは1杯のカップカップに勝つ必要がありますが、歴史的な才能を忘れなければならないかもしれません。北京時間9月30日、アメリカチームは、ゴルフの中で最大の資産を使っているかもしれません。ここで言うのは彼の始球距離ではない。彼の健忘症。「覚えていない」と言ったジョンソンさんは笑って言った。ブランド-ジョンソンは確かに大スラムの中の1つの失望を投げたことが上手であることが上手でありません:葉浜82棒、嵐の山の溝の劇を吹いて、皇室のジョージの2号鉄はアウトを打ってアウトになります。アメリカ選手がヨーロッパに対抗する過程で、累積した傷はそれよりもはるかに多い。これはなぜアメリカチームのリーダー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・このチームは2人しかないが、今は新しい始まりだ。彼らにヨーロッパチームが過去7回のW杯の杯の中の6回を獲得したと言う必要はありません。1995年以来の10回のうちの8回。必要ない復習にレーダー杯は本土で行われた時、アメリカ隊の最後一日じゅう梅ジャックを捨てたろくよりのリード……それは失败と重なってのにじゅう年の中で、彼らに一番痛手。「ゴルフの中で、あなたは背中の守り方が必要かもしれません。あなたは健忘症を必要としているかもしれません」と述べた。あなたは知っていて、私達はとても期待して今週、これらの対決、金曜日の午前中に私たちが直面する第1段階の対決。でも私たちは梅雨明けの話をしたことがありません。」第41回ゴールドカップは金曜日の午前中の4人2試合をスタートさせ、第1組をスタートさせたのは、オリンピックの金メダルを獲得したジャスティン-ロスイギリス公開選手権優勝であります。2つの組み合わせはいずれもカップカップに負けたことがありません。このグループの後は:米・マイク・リー・アン・アン・アン・アンVSフィル-葉森ソース-株価、試合のジョー・ジョン・ジョン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。関連閲読:レーダー杯初日2試合で対戦四人:斯皮思ブラブラvsロス斯滕森ては金曜日午後四人4試合。以来、2006年以来、アメリカ隊ことのない、最初の段階で失敗したとき、ヨーロッパチームはアイルランド1本のチームを持つほうが、最終的に勝利を取得きゅう、く分。確かに、アメリカ隊の問題はずっと未来:三日は途切れることのない試合を必要として、このような動力。レイファー三世はこれを承認にもかかわらず、ラジオとのインタビューの中で彼はこの1回アメリカ隊を「かつて集結していた最高ゴルファー」。そのコメントからアメリカ隊はもっと誇り、ラルフ三世がヨーロッパ隊の局面を認め傾向がある時、アメリカチームはいつも傾向の保守、負けないように。甚だしきに至ってはヨーロッパチームはずっと独占位置、圧力はいつもアメリカ隊側。彼らをレーダー杯作業グループを制定しましたが、彼らを最高レベルの計画を発揮する。彼らは再选レイファー三世キャプテンを彼にチャンスを梅ジャック崩壊贖罪。彼らをチームの方式を変えた、ずっと先週まではやっと第四枚以外にカードリーダーも最後の一枚に以外にカード赖安-ムーア。维斯特ウッドリー-维斯特ウッドは第じゅう度レーダーカップ試合して、彼はこれは1種のお世辞。アメリカチームは仕事組を建てて、私たちが作ったことをコピーして、ヨーロッパチームにとってお世辞を言っています。われわれはこれに対してたいへん誇りを持っている。それは私たちに多くの自信を与えて、彼らに余分な圧力を与えた。あなたは仕事組を設立しましたが、もし今週もおかしいとしたら、次はどうしますか。君はもう最大の力を尽くした。だから私たちはこれからどうなるか見てみましょう。」ヨーロッパチームは6人の新人がアメリカチームに対抗するが、その中の1つは以前より多くの関心を感じている。アメリカの大家で優勝したダニエル・リーさんは、兄がイギリスのメディアで書いたことで、アメリカのファンのコラムを罵倒して話題になっている。のメンバーの発言を代表しているのではなく、ヨーロッパチームのメンバーを代表しているという考えを示していますが、ここでは焦りがあります。森アメリカチームのお詫びの森さん。木曜日に1朝、左利きの选手に行ったアメリカゴルフチャンネル、彼はすべきではない。ハル-サットン2004年レーダー杯手配彼とタイガー-ウッズは、試合前に惨敗から天才が知っているように手配。W杯は決して芝居は欠かせないが、試合開始までには多くのものがあった。新人6人が持っていても、ヨーロッパチームの先頭に立つ選手はまだ強い。イギリス公開試合は大規模なスラム街で優勝した。ジャスティン-ロスの成績は9勝3マイナス2平で、梅雨明けの土曜日から、彼は過去6度の対決に失敗したことがない。王監督は、2つの大規模な競技書と比較して、梅雨明けの優勝は、彼がもっと有名だということです。マイケルさんは日曜日にツアーとフェデックス杯を獲得してから、このようなしなやかなジャンプができました。「ヨーロッパ側は、多くの選手が何度もW杯を獲得した経験を持っている」と李氏は言った。「アメリカチームの一方で、彼らの多くの選手は何度も失敗した経験である」と話している。勝利の1種の習慣になりました。そしてヨーロッパ隊の多くの選手……彼はその経験が何であるかを知っていて,どうするべきか知っている。」(小風)

美国队要赢莱德杯 必须要学习达斯汀的健忘症 美国队可能要像达斯汀那样忘记历史才能更进一步   新浪体育讯  北京时间9月30日,莱德杯美国队或许应该用一用达斯汀-约翰逊在高尔夫之中的最大资产。   这里说的可不是他的开球距离。   而是他的健忘症。   “或者说根本没有记忆,”达斯汀-约翰逊笑着说。   达斯汀-约翰逊肯定很善于抛下大满贯之中的一个个失望:圆石滩82杆,呼啸峡沙坑闹剧,皇家圣乔治2号铁击球出界,钱伯斯湾三推——直到这个夏季,他最终在奥克芒赢得了美国公开赛。   美国选手在对抗欧洲的过程中,累积的伤疤比那多得多。这是为什么美国队队长拉夫三世整个星期都在黑泽汀宣讲这一点——尽管该队只有2名新人——现在就是全新的开始。   没有必要对他们说欧洲队赢得了过去七届莱德杯之中的六届,1995年以来过去十届之中的八届。没有必要重温上一次莱德杯在本土举行的时候,美国队最后一天在梅黛娜丢掉了10比6的领先……那是失败重重的20年之中,他们遭遇最沉重打击。   “在高尔夫之中,你也许需要像NFL的防守后卫,你需要健忘症,”达斯汀-约翰逊说,“因此,我们一直没有谈论梅黛娜的事情。你知道,我们非常期待这个星期,这些对决,以及星期五上午我们即将面对的第一阶段对决。可我们没有谈论过梅黛娜。”   第41届莱德杯将于星期五上午的四人二球赛开始,开局第一组是:奥运会金牌得主贾斯汀-罗斯 英国公开赛冠军亨利克-斯滕森VS乔丹-斯皮思 帕特里克-瑞德。两个组合都没有输过莱德杯。   这一组之后是:罗里-麦克罗伊 安迪-苏利文VS菲尔-米克尔森 瑞奇-福勒,赛乔-加西亚 马丁-凯梅尔VS杰米-沃克尔 扎克-约翰逊,汤玛斯-皮特斯 李-维斯特伍德VS达斯汀-约翰逊 马特-库查尔。   相关阅读:莱德杯首日四人两球赛对阵:斯皮思小胖vs罗斯斯滕森   再下来是星期五下午的四人四球赛。   自从2006年以来,美国队从来没有在第一个阶段失败过,当时欧洲队在爱尔兰拥有一支更好的队伍,最终取得9分胜利。的确,美国队的问题一直是:未来三天不间断的比赛,这种动力需要保持下去。   拉夫三世承认这一点,尽管在电台采访之中他说这一届美国队是“曾经集结过的最好高尔夫球队”。那个评论开始于美国队需要更多傲气,拉夫三世承认当局面倾向欧洲队的时候,美国队总是倾向于保守,努力不输球。   甚至欧洲队一直处于垄断位置,压力却总是在美国队这一方。   他们创造了莱德杯工作组,制订了一个能将他们最佳水平发挥出来的计划。他们重新挑选拉夫三世为队长,给了他机会为梅黛娜崩溃赎罪。他们改变了组建队伍的方式,一直到上个星期才将第四张队长外卡,也是最后一张外卡给赖安-摩尔。 维斯特伍德   李-维斯特伍德将第10次角逐莱德杯,他认为这是一种恭维。   “美国队组建起工作组,努力复制我们所做的事情,对于欧洲队而言是一种恭维,”他说,“这意味着我们是成功的,我们做对了。我们对此十分骄傲。那给了我们许多自信,也给了他们额外的压力。你成立工作组,如果这个星期还是不对劲,你接下来会怎么做呢?你已经尽了最大的力量。   “因此我们还是看一看接下来会怎样吧。”   欧洲队将带着六个新人对抗美国队,而他们之中的一个已经感受到了比以往多很多的关注。美国大师赛冠军丹尼-威利特因为哥哥为英国一家媒体写的,痛骂美国队粉丝的专栏而受到很多关注。丹尼-威利特见了拉夫三世,表示那是他哥哥的言论,并不代表欧洲队队员的想法,这里存在一种焦虑,明尼苏达粉丝会让丹尼-威利特好看。 米克尔森   美国队的道歉来自米克尔森。   星期四一大早,左撇子选手去了美国高尔夫频道,他表示他不应该提哈尔-萨顿2004年莱德杯安排他与泰格-伍兹,遭遇惨败是因为比赛之前两天才知道会有这种安排。   莱德杯绝不少戏剧,而在比赛开始之前已经有了许多。   即便拥有6名新人,欧洲队打头阵的选手仍旧很强。亨利克-斯滕森以大满贯纪录杆数赢得了英国公开赛。贾斯汀-罗斯的战绩为9胜3负2平,自从梅黛娜的星期六开始,他过去六场对决都没有遭遇过失败。马丁-凯梅尔表示与两个大满贯头衔相比,梅黛娜制胜一推让他更为出名。麦克罗伊在星期天赢得巡回锦标赛和联邦快递杯之后,步伐之中又有了那种轻盈的弹跳。   “欧洲一方,许多选手都有多次赢得莱德杯的经验,”李-维斯特伍德说,“美国队一方,他们的许多选手都是多次失败的经验。胜利成为了一种习惯。而欧洲队的许多选手……他知道那种经验是什么,也知道该怎么做。”   (小风)相关的主题文章:

Comments are closed.